BIOGRAPHY

naco

神奈川県藤沢市出身。情景が浮かんでくる描写と言葉の韻を大切にした歌詞を、キャッチーでポップなメロディに乗せて歌う、鍵盤弾き語りシンガーソングライター。


15歳のとき、YUIの「LIFE」という曲を聴いて感銘を受け、歌手の道を志す。17歳で受けたオーディションで最終審査に進出したことをきっかけにメジャーレーベルのレッスン生となり、ピアノでの作曲と作詞を学びはじめる。

大学入学後、勉強や就職活動との両立、将来に悩み、レッスン生としての活動をすべて終了し、卒業後は一般企業へ就職。しかし音楽の道を諦めきれず、社会人として働きながら音楽活動を再開。オーディションを通じて知り合った仲間とユニット「One phrase」を結成し、ライブや楽曲制作を行う。

2018年からはソロ活動を本格化。ライブハウス出演・ライブ配信など精力的に活動し、2018年10月に北参道ストロボカフェ、2019年6月に銀座Miiya cafe、2020年2月に原宿ストロボカフェで計3回のワンマンライブを行い、のべ200人以上を動員し成功を収めた。


2020年3月27日、YUIや絢香を手掛けたことで知られる音楽プロデューサー・鈴木Daichi秀行氏が主宰するインディーズレーベル「Studio Cubic Records」より、新プロジェクト「Citrus in the rain」のボーカルとして、デジタルシングル「ミッドナイトデート」でインディーズデビューを果たす。


影響を受けたアーティストはYUI、Hello!Project全般。つんく♂楽曲には大きく影響を受けており、ハロプロに楽曲提供をするのが夢でもある。