BIOGRAPHY

naco

神奈川県藤沢市出身、ピアノ弾き語りシンガーソングライター。5歳から11歳まで6年間続けたピアノでの弾き語りスタイルが主で、言葉の響きを大切に書いた歌詞をレトロでキャッチ―なメロディに乗せて歌う。

15歳のとき、「LIFE」という曲をきっかけにYUIのファンになり、歌手の道を志す。17歳でSony Music主催のオーディション「tobilabo」を受け最終審査まで進出。Sony Musicの育成機関SDグループのレッスン生となり、幼少期より習っていたピアノを使って作詞・作曲をはじめる。

大学入学後、勉強や就職活動との両立、将来に悩み、レッスン生としての活動をすべて終了し、大学卒業後は一般企業へ就職。

しかし音楽の道を諦めきれず、23歳で音楽活動を再開。オーディションを通じて知り合った仲間とユニット「One phrase」を結成し、ライブ出演や楽曲制作を行う。

2018年からはソロ活動を本格化。ライブ出演・楽曲制作・Showroom配信など精力的に活動する傍ら、講談社主催オーディション「ミスiD2019」では3500人の応募の中から300人まで残りカメラテストへ進出。

影響を受けたアーティストはYUI、Hello!Project全般、Goose houseなど。つんく♂楽曲には大きく影響を受けており、ハロプロに楽曲提供をするのが夢。



「何歳になっても、歌いつづけたい」という信念のもと、嬉しい気持ちも苦しい気持ちも、大切な言葉で歌います。何気ない日常の中で、ほんの少しでも、誰かの癒しになれるように。